オススメの本

オススメの本

最新刊


書籍内容紹介【出版倶楽部 著者インタビュー】

この種の自己啓発本を読むと、半分は頷きながら、でも残りの半分は半信半疑で「ほんとにこんな風になれるの?」「こんなことするだけで人生うまく行くわけないじゃん?」と、皆さんの心に疑問が湧くかもしれません。けれども、そんな疑いを一旦脇に置いて「まずはやってみよう」「自分を信じてみよう」からスタートしてみて下さい。私の大学院の授業では、履修生の個性に合わせて課題を個々にカスタマイズしますが、その際、数名にこうした自分育ての本のプレゼンを課します。そして、毎回素晴らしい成果に受講生みなが目を見張ります。
もしこれらの本を実践してみて成果が出なかったら、「自分(の可能性)を疑う」気持ちが邪魔をして居ると思って下さい。 書かれていることに、本気になって取り組むと、早ければ1週間で人生が変わってきます。嘘だと思ったら、やってみて下さい。書かれていることに忠実に、一つも誤魔化さずに、丁寧に。 それが、皆さんの目指す未来に繋がります。

発想を豊かにしたい人、なのに行き詰まりを感じている人、今までの人生を振返ってちょっと仕切り直ししてみたいと思っている人、やりたいことが分からないと焦っている人、拙『幸せ就活術』で紹介した自己分析でビジュアル情報に強いタイプの方に特にお勧めです。
また、ドリームマップの手法は、就活期だけでなく、その後の人生でもきっと役に立つと思います。

「なりたい自分」「理想の自分」は何となくあるんだけど進み方が分からない、途方に暮れてしまう、ほんとになれるのか?と悩む人に、「理想に向かって進むエネルギーの使い方」を教えてくれる本です。
下記の「コーチング」で紹介する本と併せて読むと、コーチング手法がより分かり易く、腑に落ちると思います。

「生活指導」と聞くと高校や中学の厳しい部活が思い浮かぶかもしれませんが、成長の素となる自立心や自己肯定感は小さなことを日々積み重ねる土台作りが全てと行っても過言ではありません。
本書では、その根っこの部分をしっかり認識し、何をどう積み重ね、育てて行けば良いかを学ぶことができます。社会に出る前に、この本で提唱されていることを本気で実践できたら、明るい未来が待っています

脳を活性化させ潜在力を駆使したい人におススメ!

記憶術「アクティブ・ブレイン・セミナー」の創始者が、脳の仕様書ともいうべき思考体系と、人間の潜在能力と可能性を引き出す方法&考え方を伝えています。実際に著者がホール一杯の聴衆の前でパフォーマンスする場に居合わせたことがあります。聴衆が勝手気ままに繰り出すランダムな1~100までの単語を、著者はその場で見事に暗記し、逆に100から順に遡るのまで見せられ驚嘆しました。小田氏によれば、それはトレーニング次第で万人に可能だそうです。
社会人になれば試験が無いから必要ない?暗記科目なんて無いし?なんてトンデモナイ! 社内検定や資格認定、昇進試験など、短期間に多くの事を覚えて使い熟さなければならないケースもたくさんあります。 今の内に是非克服しておきましょう。 また、より効率的に自分の脳を使いこなしたい人にもおススメです。

外見&服装マナーもしっかり身に付けたい人におススメ

人は全身でコミュニケーションする動物で、ボディランゲージや外見が6割以上を伝達していることは拙『幸せ就活術』でもお伝えしていますが、その部分を効果的に磨けるよう、国際的に活躍するイメージコンサルタントである著者が要所を押さえて丁寧に教えてくれる本です。

心のストレスと上手く付き合いたい人におススメ!

「なりたい自分」も「叶えたい夢」もちゃんと分かっているのに、上手く前に進めない人に特にお勧めです。それは多くの場合、心のストレスが皆さんの心にブレーキを掛けているからです。過去の自分を引き摺ってなかなか前に進めない人、「どうせ自分なんか」が口癖の人は是非本書を実践して「負けない心」を手に入れましょう。

楽しく仲間と学べる手法を身に付けたい人におススメ!
Good&Betterの語彙を増やしたい人におススメ!

拙『幸せ就活術』でお勧めしているGood&Betterでの伝え方は、慣れない内は語彙がなかなか追いつかないものですが、そんな時に是非 本書でご紹介のフレーズを試してみて下さい。その中でご自分にフィットする語彙を少しずつ溜めて行くと、気付いたときにはきっと素敵な誉め上手になっていることでしょう。 本書は3冊分の「ほめ言葉」シリーズを合本し使いやすく再編集し、職場だけでなく家族や友人関係でも活用できる決定版ですので、就活生だけでなく、ご家族&全世代におススメです。

英語脳からGood&Betterの語彙を増やすのもおススメ!

なぜに英語?と思われるかもしれませんが、日本語ではつい照れてしまうような言葉も、英語だと意外にスルッと口から出るものです。 本書では、英語での誉め言葉&言い回しを紹介すると同時に、日本語での豊富な語彙が示されているので、日英双方の視点からコツを学べます。 グローバル時代のビジネスパーソンを目指す方々には、英語の良い口慣らしにもなるでしょう。 是非お試しください。

仲間と楽しく有意義に学びたい人におススメ!

個人とチームの学びを促進する場を作り出すための手法を紹介する本です。
皆さんも毎日たくさんの打合せや会議に身を置いていると思いますが、どれだけ楽しく本音でそこに「居る」ことができていますか? ファシリテーションを学ぶと、その場に居る人全員が限りなく本音に近く、自分らしく伝えながらも周囲も笑顔で受け取れることが可能になります。
また参加体験型のワークショップ(WS)や、コミュニケーション手法によるチーム・ビルディングなども含め、人と関わり合いながら笑顔で生きて行くために是非 一度は試してもらいたい手法&アイデア満載です。
具体的な事例や日々のヒントもたくさん紹介されているので、ご自分のテイストに合うもの選んで、まずは一度 読んでみて下さい。

プレゼンのテクニックに興味ある方におススメ!

プレゼンテーションの本はたくさんあり過ぎてどれにすべきか迷うと思います。
書評やレビューを参考にご自分に合った本を選ぶのが一番ですが、特にこの二冊は、テクニックだけでなく、その奥にある心の部分についてもしっかり伝えている点でお勧めです。

英語プレゼン:グローバル企業に就職するなら今から磨こう!

プレゼンの内容や構成、骨子の組み立て方まで丁寧に分かり易く解説してくれる良書です。ますますグローバル化する21世紀に活躍するビジネスパーソンを目指して、英語でもしっかりプレゼンできるように今から取り組んでおくことをお勧めします。 また、英語プレゼンに独特な要素も取り上げつつ、日本語のプレゼンでも重要な「臨む姿勢」や「伝え方」でも非常に参考になるポイント満載です。

子育て&教育は終わりの無い旅、コミュニケーション&コーチングを味方につけて、しっかり心を繋いで互いを育て合いましょう。

いつまでたっても子供は子供、親は親。けれども、互いの成長に合わせて対応もコミュニケーションも変わらないと、なかなか愛情は伝わらないものーそんな憂いのある皆さんに特におススメなのが、コーチングやNLPの視点から親子コミュニケーションに注目した以下の本です。子どもと大人(児童・生徒&教師、親子)のコミュニケーションの役立つヒントが満載です。

『幸せ就活術』でも紹介しているMIの実践書。 教育現場での実践を念頭に、人間それぞれが生まれ持った能力をどう見極め、伸ばせるかを伝えています。絶版なのが惜しい。
より実践的かつ専門的な、教育者向けのMIにはこちらがおススメ!
学級経営・クラスマネジメント
学びと評価について
教育実践に生かす
保護者・地域対応―包括的な学びの場つくりを目指して:学校と家庭、地域社会
  • ペアレント・プロジェクト―学校と家庭を結ぶ新たなアプローチ
    価格: ¥ 1,900 + 税
    著者:ジェイムズ ボパット (著), James Vopat (原著), 玉山 幸芳 (翻訳), 吉田 新一郎 (翻訳)
    出版社: 新評論
    発売日: 2002/11

  • 片小ナビ2003 保護者のための片山小学校ガイドブック'03年度版
    片山小学校PTA、吹田市立片山小学校、大阪大学人間科学部・教育制度学研究室
    価格:非売品
    著者:小野田正利
    出版社: 大阪大学人間科学部・教育制度学研究室
    発売日:2003年

教育者の保護者&地域社会対応コミュニケーション
人間関係に迷う時、伝え方や聴き方が上手になりたいと思う人におススメ!

理論的な側面から実践面まで、幅広く分かり易く伝えている本です。就活期の学生のみならず、社会人の皆さんも、臨む未来へと導いてくれるでしょう。

コーチングは自分育てにも、そして仲間とのチームワーク形成にも非常に有効です。 コーチング手法を分かり易く具体的に読みたい人におススメ!
コーチング理論の基礎を学びたい人におススメ
気軽に英会話が学べたらいいのに、と思う人におススメ!

英語が喋れたらなあ、と思いながら、なかなか苦手意識を手放せない人は多いと思いますが、この本では、皆さんが中学時代から知っていたような単語&言い回しで、こんなことまで会話できちゃう!という楽しさ満載です。英語と聞くとつい身構えてしまう人にも是非おススメです。

英語を学んで世界を広げよう。
  • 『対訳 21世紀に生きる君たちへ』
    価格: ¥ 850 + 税
    著者:司馬 遼太郎 (著),Robert Mintzer (原著),Donald Keene (原著),ドナルド キーン (翻訳),ロバート ミンツァー (翻訳)
    出版社:朝日出版社
    発売日: 1999/10

司馬遼太郎氏が小学校用教科書の為に書き下ろしたものを対訳で読める本です。日本の長い歴史も、私達一人一人のいのちが連なったものであること、そしてそのいのちを後世に繋げる意義を優しい言葉で語っています。英語も平易な表現&単語を厳選してあり、中学生でもOKです。

子育て中にも英語を頑張りたい皆さんに、特におススメ!

家庭や子育てに専念していても、英語を学んでおくと、後で強―い武器になります。日々コツコツと積み重ねる学び方は語学学習の基本ですが、家族中心で生活する主婦にまさにぴったり!子育て一段落と共に再び社会デビューを目指すお母さんたちに語学学習はほんとにおススメです。
なお、以下は私が英検1級受験の際に御世話になった本ですが、内容は今でも十分に役立ちます。

グローバル教育は地球市民を育てます。 21世紀は地球の時代、感性も地球規模で磨きたい人におススメ!

作者の住む豪州では、かのベストセラー『七つの習慣』よりも面白いと評判だったそうです。現在コーチングとして知られる考え方や手法などの根幹が詰まっていて、自分らしい人生を生きるために必要なものをこの本から多く学ぶことができました。 私にとっては、人生初の翻訳出版としても思い出に残る一冊です。残念ながら絶版です。